QスイッチND:YAGレーザー

QスイッチND:YAGレーザーは、厚生労働省に認可された医療レーザーです。

従来の医療レーザーと比べ、短時間で照射でき、メラニン色素だけを特定して破壊していくため、正常な周辺の肌へのダメージを最小限にできます。

QスイッチND:YAGレーザーは、色素の深さに応じて532nm(ナノメートル)と1064nmの2種類の波長を使い分けられるという特徴があります。
皮膚の浅い部分にできる色素沈着だけでなく、深い部分にできる色素沈着にもレーザーを届けることができ、一人一人のシミやくすみの症状に合わせた治療が行えます。

QスイッチND:YAGレーザーを使用した治療を受ける際には、レーザーが目に当たらないようゴーグルを着用します。レーザーを照射している間は、少しピリピリとした感じやパチパチとした感じがありますが、痛みというほどのものではありません。
レーザー治療後は、直射日光を避けるためテープをつけて保護します。

一般的にQスイッチND:YAGレーザーを用いた治療に適応するのは、ニキビなどによる色素沈着、シミ、あざ、老人性色素斑、そばかす、脂漏性角化症、後天性真皮メラノサイトーシス、太田母斑などです。