サルチル酸マクロゴールによるピーリング

薬品を使用して、肌の古い角質を除去し肌の再生を促進させる方法のことをケミカルピーリングといいます。

ケミカルピーリングで使われる薬品には、フルーツ酸とサルチル酸がよく使われます。中でもサルチル酸は、フルーツ酸ピーリングよりも効果が高いためよく使われていましたが、皮膚への刺激が強く肌へのダメージが大きいことが欠点でした。

サルチル酸を使ったピーリングでは、人によって赤みやピリピリとした痛みを感じる、施術後にひどい赤みが出る、皮膚がポロポロとむけてしまうなどの症状が起こります。
そのため、マクロゴールという医薬品添加物をサルチル酸に加えたサルチル酸マクロゴールが使われるようになりました。

マクロゴールは、軟膏の基剤としても使われるもので、サルチル酸が皮膚の奥へと浸透しすぎるのを防ぐ役割があるため、新しい角質や皮膚に影響を及ぼすことがありません。

サルチル酸マクロゴールは、シミ、シワ、美白、くすみ、毛穴ケアなどに有効で、他のピーリングよりも効果的で安心できるピーリングです。