ロアキュタン

ロアキュタンは、ニキビ治療で使われる薬剤です。
ロアキュタンに含まれる、ビタミンAの一種「イソトレチノイン」は、皮脂の分泌抑制作用、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用があり、中〜重度のニキビ治療に適しています。

海外では、ニキビ治療に不可欠な薬剤として知られていますが、日本では厚生労働省の認可が下りていないため、保険は適用されません。

ロアキュタンの効果は強力で、1日1回、16〜24週間の内服で効果を実感でき、20週間の内服を終了すると、3〜5年間はニキビができにくくなるという特徴があります。しかし、強力な薬剤であることや、副作用もあるため、医師の指導が必要です。

ロアキュタンの副作用は、乾燥、ドライアイ、ドライスキン、夜盲です。また、催奇形性(胎児や新生児に奇形を生じさせる性質)があるため、妊娠中や妊娠を望んでいる方、妊娠の疑いがある方、授乳中の方は内服できません。

さらに、イソトレチノイン製剤、トレチノイン製剤、ビタミンAでアレルギーを起こしたことのある方、テトラサイクリン系の薬剤を内服されている方、肝機能障害のある方、中性脂肪・コレステロール値の高い方、うつ病・うつ気質の方も内服ができません。