プラセンタ

プラセンタは、胎盤から抽出した成分で、肝機能障害治療や美容、歯科治療で使われています。
プラセンタに含まれる栄養素には、10数種のアミノ酸、核酸様物質、ビタミン、ミネラル、酵素、ムコ多糖類などがあり、その効果は、更年期症状の改善、自律神経の調整、肩こり・腰痛・関節痛の改善、冷え性改善、美肌効果、バストアップ効果など、健康や美容面で多くの効果があるといわれています。

プラセンタが最初に医薬品として使われるようになったのは、紀元前400年ごろ。
古代エジプトの女王クレオパトラが若さを保つために愛用したと伝えられています。
その後中国でも、不老長寿の薬として用いられ、現在でも紫河車(しかしゃ)という漢方薬名で広く使われています。

プラセンタ注射による副作用は、発疹や寒気、発熱があります。また、プラセンタ注射を受けた人は、献血や臓器提供ができなくなります。