埋没法

メスを使わずに短時間で自然な二重まぶたを作ることができる手術です。埋没法では、針と医療用の糸を使い、目を開くときに使う筋肉と皮膚を、まぶたの内側で数カ所留めます。

結膜には糸を通さず、筋肉と皮膚だけを縫い留めるだけなので、糸が結膜や眼球に出てきて傷つける心配もありません。糸で留めてあるだけなので、元に戻したいと思ったときには抜糸できるのが特徴です。

メスを使って二重まぶたを作る切開法よりも短時間で手術ができ、腫れなどのダウンタイムも短いためプチ整形とも呼ばれ人気があります。埋没法で使用する糸は、髪の毛より細く切れにくいナイロン製の医療用の糸で、心臓の手術など医療現場で実際に使われているものを使用します。

埋没法の効果は半永久的といわれており、よほどのことがなければ糸が取れることはありませんが、急激に太ってしまい、まぶたに脂肪が多くついてしまったときや、まぶたにできもの等ができた場合には取れてしまう可能性があります。