ボトックス

ボトックスとは、ボツリヌス菌がつくるA型ボツリヌス毒素というタンパク質(ボツリヌストキシン)を加工して薬品にしたものです。ボトックスは1980年代から医療で使われはじめ、現在では特に美容クリニックで、シワやワキガ治療などに使われています。

ボトックスの特徴は、注射した部分の神経を麻痺させることです。神経を麻痺させることで、過剰に緊張して固くなった筋肉を緩ませることができ、関節も動かしやすくなります。ボトックスが効果的な病気は、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)、片側顔面痙攣、下肢痙攣、上肢痙攣、小児脳性麻痺の下肢痙攣、発汗異常(ワキガ・多汗症)などがあります。

ボトックスの効果は注射後約2〜3日で実感することができ、その効果はおよそ3〜4ヵ月続きます。効果を継続させたい場合は、定期的な注射が必要です。

ボトックスの副作用は、脱力や痛み、発疹などがあるほか、表情の喪失などがあります。ボツリヌス菌は、食中毒の原因菌として知られていますが、ボトックス注射を行っても食中毒に感染することはありません。