シミ


肝斑やその他のシミに大変効果のある最新治療方法

浅いところにあるシミ治療の場合

老人性色素斑(いくつもの種類があるシミのなかでもとくに身近で、シミの代表格。紫外線が原因で加齢とともに、誰にでもできる、大きさが数ミリから数センチ、境界が比較的はっきりとした薄茶色から濃い茶色のシミのことをいいます。)などは1回の治療でもかなり目立たなくすることが可能です。ただし、症状や他の疾患に関しては複数回の治療が必要になることがあります。

 

真皮層にメラニンが存在するような治療の場合

ADM(20歳~30歳頃、両頬に茶褐色の斑点状のシミが認められるようになります。両頬が最も多いのですが、まぶた、額、鼻などにも出現することがあります。)
太田母斑(通常のシミより皮膚の深いところにあるシミです。通常のシミとは異なり、灰青色に褐色が加わった色となります。通常、顔面の片側に出現します。額、眼瞼、頬部に症状が現れることが多い)
などの真皮性の色素疾患の場合、通常は複数回の治療を必要とします。治療を繰り返すごとに徐々に色調は改善されていきます。

 

肝斑やそばかす、シミが複合して顔にたくさんあるような治療の場合
(Qスイッチレーザートーニング)

12月28日までキャンペーン中